LIFE

【特集】


夏だ!水辺だ!!サロマ湖だ!!佐呂間へGO!


いつもの取材エリアを飛び出しオホーツクへ。広々としたサロマ湖は開放感タップリで、ハマナスの花も最盛期。交通量も少ないので、のんびりドライブを楽しみながら、涼やかな空気と海の幸を満喫してはいかがですか?

○制作協力・観光のお問い合わせ
佐呂間町 経済課商工観光係
常呂郡佐呂間町字永代町3-1・TEL 01587-2-1200

 


佐呂間町ってどこにあるの?

佐呂間町は、オホーツク管内のほぼ中央に位置し、北一帯がサロマ湖に面している人口約5,200人のまちです。旭川から車で2時間20分程※と、移動時間は札幌へ行くのと同じくらい。サロマ湖は北海道ホタテ養殖発祥の地でもあり、佐呂間町もホタテの養殖やカキの養殖が行われ、まちの特産品になっています。そのほかカボチャの生産や、酪農も盛んです。
※旭川紋別自動車道を通るルートです。

 

 

スポット情報
佐呂間町のお薦めスポット&イベント

サロマ湖

道内最大の湖。琵琶湖、霞ヶ浦に次いで日本で3番目に大きく、海水と淡水が交わる汽水湖としては日本最大。富武士(とっぷし)から浪速(なにわ)間に延びる片道およそ5kmの湖畔遊歩道は、野草や野生動物に出会えるスポット。

 

キムアネップ岬

ハマナス・センダイハギ・ヒオウギアヤメなど約50種類の草花が咲き誇る岬。自然と一体になれるキムアネップキャンプ場もあり。
【キャンプ利用期間】6/1~10/21※コインシャワー利用期間7/1~8/31(8分100円・100円玉専用)

 

木のトンネル

キムアネップ岬に続く道道858号線に、夏期に現れるロマンチックな木のトンネル。サロマ湖100kmウルトラマラソンのコースにもなっています。

 

サロマ湖展望台

標高376mの幌岩山にある展望台。視界を遮るものがないため、サロマ湖が一望できます。壮大なパノラマをぜひご堪能あれ。

 

ピラオロ展望台

湖畔からサロマ湖をもっとも間近に見渡せる展望台。アイヌの若者と娘の悲しい恋の伝説「ピラオロ哀恋伝説」の舞台にもなっています。

 


イベント情報

6月下旬
サロマ湖100kmウルトラマラソン

ハマナスやエゾスカシユリが咲き誇るサロマ湖周辺を駆け抜けるマラソン大会。100kmと50kmの2コースがあります。

 

9月上旬
シンデレラ夢まつり

佐呂間特産のカボチャをテーマにした秋まつり。仮装パレードやジャンボかぼちゃの重量コンテストなどで盛り上がります。

 

サロマ湖を満喫!
【遊覧船(要予約・有料)】○サロマ湖アザラシ観光船:佐呂間町字富武士752-18・TEL 01587-2-1800 ※ターミナルで海産品の販売や、浜焼きも楽しめます。
【遊漁船(要予約・有料)】○幌岩丸:佐呂間町幌岩1-12・TEL 090-5223-3614


 

グルメ情報
ミニぐるめ君のお薦めグルメ!

ホタテの炭焼きが味わえる!佐呂間の特産品の物産館

ホタテ炭焼き

道の駅「サロマ湖」に併設した佐呂間の特産品を取りそろえる物産館。夏期シーズンにぜひ味わってほしいのが“ホタテ炭焼き(2玉500円)”。佐呂間産のホタテは、ほんのり磯の香りに包まれ、濃厚なうまみが詰まっています。加工品でお薦めは無酸処理の“サロマ湖のり(595円)”、カボチャ団子の“小丸南瓜(273円)”、“かぼちゃフレーク(285円)”など。

海産物加工品や農産物加工品が販売されている

道の駅「サロマ湖」物産館みのり
常呂郡佐呂間町字浪速121-3・TEL 01587-5-2828
[時間]9:00~18:00(10月中旬~4月下旬17:00)
[休]無休 ○P有 ※当店は禁煙になります

 

人気のホタテバーガーと豊富なホタテ加工品

ホタテ加工品

佐呂間産のホタテや鮭、マス、魚卵などを使った自社加工品を直売。お薦めは大きなホタテフライが3個入った“ホタテバーガー(450円)”。年末まで活ホタテの販売も行われ、“ホタテ貝焼き(200円〜)”も味わえます。“ホタテチップス(432円)”や、“帆立干し貝柱(648円〜)”など、ホタテの加工品が豊富。

ホタテバーガー

北勝水産・直売所
常呂郡佐呂間町浪速52・TEL 01587-6-2002
[時間]9:00~17:00
[休]水曜日 ○P有

 

 

海の幸を食べるならここ!名店で腕を磨いたご主人の上質和食

宴会用刺身盛り合わせ(要予約)

札幌の名店で修業したご主人が、カキやホタテなど佐呂間産をはじめ、札幌の市場から取り寄せた新鮮な海産物を使った和食を提供してくれます。“活ホタテ(450円)”や“まぐろ(600円)”などの刺身のほか、一品料理、焼き物、煮物、サラダ、鍋物なども。旬の食材を使った日替わりメニューも豊富。宴会料理(3,000円〜※要予約)も対応可能です。人気店のため、予約してのご来店を!

さろま海幸(かいこう)
常呂郡佐呂間町永代町157-1・TEL 01587-2-1216
[時間]17:00〜22:00(LO21:30)
[休]水曜日 ○P有

 

 

オホーツク産のホタテや根強いファンを持つしまホッケの開きも絶品

オホーツク海で水揚げされた活ホタテ(1枚75円〜)※ をはじめ、鮭やカレイなど新鮮な魚介類を販売。自家製の干物も格別においしく、中でもしまホッケの開き(540円〜)は上質なうまみがあり、町外から足を運ぶ常連客も多くいます。ニシンやマトウダイ、ナメタガレイの干物もお薦め。10月からはカキも販売開始です。
※ホタテ貝毒の心配が無い、冷凍片貝ホタテや玉冷は常時用意されています。

斉藤商店
常呂郡佐呂間町浜佐呂間144・TEL 01587-6-2136
[時間]8:00~18:00
[休]無休 ○P有

 

 

チーズとカボチャが調和した “チーズぼっこ パンプキン”

佐呂間町の中心部にある和洋菓子店。お薦めは細長い形をしたチーズケーキ、その名も“チーズぼっこ(冷凍180円)”。味はプレーン、パンプキン、キャラメル、あずきなど6種類。中でもパンプキン味は生クリームやチーズの風味とカボチャが調和した上品な味わいが魅力です。店名の由来になった銘菓“かぼちゃんパイ(130円)”とともに、佐呂間の特産品であるカボチャを堪能できます。

かぼちゃん本舗
常呂郡佐呂間町宮前町61 TEL 01587-2-3813
[時間]9:00~18:30
[休]不定休

 

一番出汁のうまみでいただく毎日挽き立て十割そば

道産のそば粉を自家製粉する、手打ちそばの店。そばつゆはそばの風味を生かす一番出汁のみを使用。夏にお薦めはぶっかけタイプの“冷やしかしわそば(980円)”。喉越しが良く、そばの香りが口いっぱいに広がる十割そばに、そばを引き立てるつゆ、脂っぽさがなくしっとり柔らかな鶏肉と、見事な仕上がりになっています。

そば処ほん多屋
常呂郡佐呂間町永代町104・TEL 01587-2-2620
[時間]11:00〜14:30、17:00〜19:30 (土・日・祝11:00〜19:30)
[休]月曜日 ○P有

 

 

貝毒について
7月上旬にサロマ湖、オホーツク海のホタテに貝毒が発生し、現在活ホタテが提供できなくなっています。8月には活ホタテが提供できるようになる予測ですが、お電話でご確認の上、お買い求めください。

 

 

 

※掲載情報は、取材当時のものです。閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、予めご了承ください。


LIFE