LIFE

サラリーマンのつぶやき 43言目


今年も6月になりました。半年が過ぎようとしています。
つい先日、新年を迎え、それがもう夏。50歳を過ぎてから時間の流れが異常に早く感じられます。朝出社するともう夕方。1週間がスタートしたと思ったら、もう金曜日を迎えている感覚です。

年齢を重ねると時間が早く感じられるのは、科学的に証明されているようで、いくつかの説があるそうです。
その中でも私が一番納得がいったのは、1年は10歳の子供には10分の1だが、60歳にとっては60分の1。年齢に対する比率が小さいほど時間が短く感じられるというもの。
年を取る事で時間が短く感じられるようになる、というわけです。

確かに子供のころは、1日はもちろん、1年が長く感じられました。
早く放課後にならないかな、夏休みが来ないかなと、首を長くして待っていた気がします。
今は常に時間に追われる日々。
GWも夏休みも「光陰矢の如し」です。部活に夢中になった中学時代。思いを寄せていた女性を花火大会に誘ったデートの思い出。
キラキラした、甘酸っぱい時間を過ごすことは少なくなりましたし・・・。

でも、近い将来、還暦を迎えるとまさに生年の暦に還ります。
時間の進み方が再び戻るかもしれないと期待していたら、先日の新聞で、政府が70歳雇用延長を計画しているという記事が載っていました。一体、
いつになったら子供の時のような時間の進み方に戻れるのでしょう・・・。
今年のお盆は、うまくいくと9連休になるとか。あっという間に過ぎると思います。

 

※掲載情報は、取材当時のものです。閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、予めご了承ください。


LIFE