LIFE

【特集】


親子で楽しめちゃう!! 日本海オロロン街道よくばりスタンプラリー おやこドライブの巻



今回スタンプラリーを体験した安岡さんファミリー 車両提供:旭川日産 

 

『深川・留萌道全線開通』カウントダウンキャンペーン2018として、「日本海オロロン街道よくばりスタンプラリー」を開催中(11月30日まで)。
北海道をドライブするなら今でしょ!ということで、旭川在住の安岡さんファミリーに体験レポートしてもらいました。

 

 プランA 

10:00旭川→11:30お土産処 お勝手屋 萌→12:00るしんふれ愛パーク→13:00千望台→14:30ましけマルシェ→16:30旭川

 プランB 

8:00旭川→9:50道の駅 おびら鰊番屋→10:40道の駅 風Wとままえ→12:40はぼろ産直工房きたる→14:00るしんふれ愛パーク→16:30旭川

 

スタンプラリー得情報

実は賞品がスゴイ!

留萌管内の温泉ペア宿泊券や特産品など豪華賞品が当たる!
スタンプ1個から応募できる賞品もあるので要チェック!

家族全員で参加・応募可能

大人は電子スタンプを、子供は応募ハガキにスタンプを押して集めて応募しよう!(応募ハガキは各スタンプラリー会場に設置)

 


 

 プランA 

11:30  お土産処 お勝手屋 萌 

ずっしり!一億円ってこんなに重いのね…。

旭川から出発してまず目指したのはココ。早速スタンプ1個目をゲットし、留萌ならではのお土産品を見て回っていると何やら不思議なコーナーを発見。その名も「開運部屋」…?
実はココ、元銀行なのだとか。金庫の扉がそのまま残っており、一億円の重さ体験や開運おみくじなども楽しみました。

12:00  るしんふれ愛パーク 

家族連れに「うれしい」がいっぱい!


とにかく広―い!1日中いられそう(左) 無料貸し出し遊具が30種類以上!(右)


飲食スペースにはキッズコーナーも(左) 子供用便座や踏み台など細かい配慮がウレシイ(右)

留萌駅目の前にある「るしんふれ愛パーク」へ。とにかく広大で、無料貸し出し遊具の数は30種類以上あり、子供たちも大はしゃぎ!キッズスペースやフリースペース完備、トイレには子供用便座や手洗い用踏み台があるなど、子供連れにとてもやさしい印象でした♪

 

13:00  千望台 


晴れた日には天売、焼尻の島々が見られることも

そろそろおなかが空いてきたので「千望台レストハウス」にてランチ。留萌のB級グルメ「豚ジスカン丼」を堪能した後は、港が広がるパノラマを眺めて小休憩。

 

14:30  ましけマルシェ 


揚げたての「タコザンギ」500円。ぷりっぷり!(左) 増毛産いちご使用「いちごとヨーグルトのスムージー」300円(右)

増毛へ移動し訪れたのは「ましけマルシェ」。ランチを食べたばかりなのに、「増毛名物」と書いてあるとついつい手が…。おなかいっぱい、大満足で帰ったのでした。

 


 

 プランB 

9:50  道の駅 おびら鰊番屋 

この日最初に向かったのは小平町の道の駅。まずはスタンプをゲットし、鰊番屋の囲炉裏がある和室を発見!ゴロゴロ~といきなりリラックスモードの子供たち…。
たくさんある試食やメンチカツ、ゲンコツボールを堪能し、ママは食モードで対抗!?


囲炉裏のある和室(左) サクサクジューシーなメンチカツ350円。あっという間に完食!(右)

 

10:40  道の駅 風Wとままえ 


広大な景色が気持ちいい〜!!


子供たちは足湯で手形をペタペタ(笑)(左) お子様ランチ、美味しかったヨ!(右)

足湯がある苫前町の道の駅へ移動。海を眺めながらの足湯は本当に素晴らしいロケーションで感動!!
日頃の疲れも一気に吹き飛びそう。ちょうどお昼時だったので、館内レストランへ。子供たちは美味しいお子様ランチにニンマリでした。

 

12:40  はぼろ産直工房きたる 

間近でフェリーを見られてうれしそう

ランチ後は羽幌へ。はぼろ産直工房さんに行くと、近くにちょうどフェリーが泊まっており、乗り物好きな子供たちが「写真撮りたい!」とのことでパチリ。旭川で船は見られないので、海岸沿いのオロロンエリアは子供たちにとっても刺激的なようでした。

 

14:00  るしんふれ愛パーク 


広いから全力で遊べる!


電動カー貸し出しもなんと無料!

プランAの時にゆっくりできなかったので、今度はたくさん遊ばせてあげたいと思いリベンジ!ストライダーに乗ったり、フリスビーをしたりと子供たちと一緒になって全力で遊び倒しました!水たまりがあって残念ながら電動カーには乗れなかったものの、たっぷり遊べて大満足でした。

 


電気自動車の普及率の高まりから、全国各地の高速道路SA(サービスエリア)や道の駅などにEV充電スポットの設置が進んでいます。道内の道の駅48か所にも設置(2018年7月現在)。
日産LEAFなら160km走行可能分の充電が30分程度で完了します。

充電はカンタン

基本的な操作はセルフのガソリンスタンドとほぼ一緒。充電口に充電コネクタを取り付け、充電器本体の指示に従って料金を支払います(支払い方法は各所により異なる)。

 

 

 おやこドライブを体験した感想 

留萌管内は海水浴で訪れる程度でしたが、とにかく地元の名産品が美味しい!!とれたてのタコを揚げたザンギのプリップリ感は、居酒屋で食べる普通のタコザンギとは全く違いました!留萌の豚ジスカンもボリューム満点の食べ応えでした。
家族連れに絶対的にオススメしたいのが「るしんふれ愛パーク」。随所に子供もパパママもうれしい配慮があり、一日中いても飽きないスポットでした。
初めて乗った日産LEAFもちゃんと充電できるかドキドキしましたが、意外と簡単でビックリ。次の乗り換え時にはちょっと検討したいかも(笑)
羽幌以北をまだ制覇していないので、今夏中に制覇したい!!

 


 

 

※掲載情報は、取材当時のものです。閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、予めご了承ください。


LIFE