CITY

こちら、ななかまど編集部


Vol.9 日日是好日


新たな家族

我が家では新しい家族を迎えました。黒色の雄ネコです。多頭飼いで世話をされていなかったため、非営利団体が保護したネコで、嫁はん(妻)が里親探しで出会いました。
耳に特徴があって、「垂れ耳」です。先天性のものではなく、ネコ同士のケンカなどで深い傷を負ったにもかかわらず、治療されなかったのが原因と言われています。性格はおとなしく愛嬌もあるのですが、猫免疫不全ウイルス(FIV)キャリアというプロフィルということもあってか、里親になる人が現れず、保護期間が長かったそうです。
嫁はんがネコ好きで、私が仕事で自宅にいない時間が長いこともあり、精神安定剤となってくれたらと約15年前からネコを飼い始めました。先代のネコが2月末に治療の甲斐なく亡くなってしまい、札幌の自宅は、子供たちが全員進学して嫁はん1人。ネコのいない家はとても静かで、単身赴任中の私でも「さみしいな」と感じるくらい。夫婦とも失意の日々を送っていましたので、またネコとの生活を要望していました。
「ネコは家につく」といわれるだけに、我が家にきてからベッド下に隠れて出てこない時間が長かったようですが、今では少しずつ家の中を探検して、食事の量も増えてきました。新たな家族との日々を楽しみたいと思います。

 

家に到着してカゴから外を眺める新入り。 後ろから見るとネコじゃなくて・・・小熊?

 

※掲載情報は、取材当時のものです。閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、予めご了承ください。


CITY