CITY

こちら、ななかまど編集部


Vol.7 日日是好日。


やってみなはれ。

「歩みを止めなければ必ずたどり着く」。以前バーサーロペットジャパンに参加した時に実感した事実を胸に、次に選んだ挑戦はハーフマラソンでした。小さい頃から長距離走は滅法苦手、部活動も吹奏楽部でスタミナも無い私。エントリーしてからの約2ヶ月半は、さすがに無謀すぎたかな…と不安に思う気持ちと、なんせ私は100㎞歩いたし初めてのスキーで10㎞も歩けた!という根拠のない自信の間を行き来していました。
当日は快晴。走っている最中は基本的に「辛い」「無理」という言葉しか浮かばず、半べそかきながら走っていた局面もありました(笑)。結果は2時間47分57秒で完走。誇れるタイムでは無いものの、人生初のハーフマラソンを走りきれた自分を少し褒めてあげたくなりました。
ハーフマラソンに挑戦する話をすると、大体「何を目指しているの?」というような反応が返ってきました。正直、私自身もわかりません(笑)。ただ、「それをやって何になるの?」と行動せずにその意味を知ろうとするような、つまらない人間でいたくないと思うのです。意味や理由を語れるのは、行動した人間だけの特権です。まずはやってみる。そのマインドは、いくつになっても持ち続けていたいです。
そして、私の走る意味。それは…走った後に待つ生ビール!!あの時ばかりは瓶ではなく生でしたね。あののどごしを思い出すだけで幸せな気持ちに包まれます。くうううっ!!

 

※掲載情報は、取材当時のものです。閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、予めご了承ください。


CITY