CITY

まちぶら!道北散歩

旭川や近郊エリアを気ままに訪ね、 地域の魅力を再発見していく『まちぶら!道北散歩』。 歴史や文化、人など、地域に根付いた宝物を紹介します!


Vol.02 幸せ運ぶ 赤くて甘くて大きなイチゴ


 

こんにちは。北海道新聞旭川支社支社長の小林亨です。私は今、旭川市東鷹栖の「のなか農園」にいます。代表の野中剛さんは通常、冬から春を旬とするイチゴを一年中収穫できるように品種改良し、2011年に、個人としては道内で初めてイチゴの品種登録を成し遂げました。どんなお話が聞けるのか、とても楽しみです。

 

 

新しいイチゴを開発した野中剛さんは、のなか農園の3代目。イチゴのビニールハウスにお邪魔し、野中さんに案内していただきました。4月とはいえ、外はまだ肌寒いこの日、受粉のためのミツバチが飛び回るハウス内はふんわりと暖かく、ほっとします。緑の葉と白い花、赤いイチゴがとてもきれいです。

 

作業中の体への負担が少ない高設栽培システムを採用しているビニールハウス

 

のなか農園は、もともとは米農家。野中さんは20歳で就農しました。「イチゴ栽培に着手したのは、父から『米以外のものを作ってみたら』と言われたことがきっかけです。単価の高い作物の中から、イチゴを選びました」と明かします。知識のないままスタートしたため、初めてイチゴの蕾を見つけたときは、それが蕾であることすら分からなかったそうです。

 

その後、栽培を軌道に乗せ、市内のホテルと直接取引を開始。そこで、ウエディング用などで一年中イチゴが必要とされていることを知り、通年で収穫できる品種作りを始めます。「イチゴは夏の暑さに弱いのですが、コスト面を考えてもエアコンを使うわけにはいきませんから、暑さを乗り切る“体力”のある品種を目指しました(野中さん)」。

時には、ケーキ店で買ってきたショートケーキのイチゴを基に育ててみるなど、半ば趣味のように楽しみながらも工夫を重ねて品種改良に取り組んだ結果、種の色、葉の付き方等まで、これまでになかったイチゴが誕生しました。それが、「瑞の香(みずのか)」という品種名のブランドイチゴです。野中さんが娘さんの名前から一字取って名づけたとのことで、イチゴへの深い愛情が感じられますね。

 

早速、試食させていただきます。柔らかな口当たりで、甘さと酸味のバランスが抜群。大きくて食べ応えもあり、大満足でした。

 

 

野中さんによると、近年、北海道産のイチゴが多方面から求められる一方で、地域のイチゴ農家は減り続けているそうです。可能性が広がる中、取り組む人が減っているのは残念ですね。

 

 

次に向かったのは、のなか農園から車で10分足らずの場所にある「石蔵ダイニング 米蔵(マイハウス)」です。こちらは、野中さんを含む東鷹栖の8軒の農家が共同で経営している飲食店で、野中さんの弟の健二さんが店長を務め、料理の腕をふるっています。

かつて倉庫として使われていたという建物は風情があり、落ち着きある雰囲気です。地域唯一の居酒屋が閉店したため「集まれる場所を作ろう」とオープンして約4年、東鷹栖とその近郊で生産された食材を使ったイタリアンベースの創作料理を提供し、人気店となっています。近いうちに、私もぜひディナーに伺いたいです。

これからいろいろな作物が旬を迎えます。農家さんと、豊かな食の恵みに感謝しながら、たくさんの農産物をおいしくいただきたいと思っています。

 


「瑞の香」を味わえるスイーツが誕生

4月20日から、米蔵(マイハウス)に新メニューとして登場するのが、その名も「米蔵パフェ」(写真左1080円)です。瑞の香をはじめとする地元産のイチゴや、地元牧場の牛乳などを使った一品で、チョコレートやゼリーも重ねられています。試食させていただきましたが、適度な甘さと量で、食事やお酒の後の締めに食べる、いわゆる“シメパフェ”にぴったり。ランチ・ディナーどちらの時間帯にも注文できるので、一度、味わってみては。

 

のなか農園

住所/旭川市東鷹栖10線15号

 

石蔵ダイニング 米蔵(マイハウス)

住所/旭川市東鷹栖1条4丁目

電話/0166-57-6577
営業時間/ランチタイム  11:30~15:00(L.o.14:30)
ディナータイム 18:00~24:00(L.o.23:00)
※ランチは予約がお勧め。ディナーは早く閉店する場合あり。
定休日/火曜日・ディナーのみ第1・3月曜日も休み

http://www.sh-myhouse.com/

 

 

ポテトサービスセンター

TEL 0166-67-2277

http://www.potato.ne.jp

 

※掲載情報は、取材当時のものです。閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、予めご了承ください。


CITY