GOURMET

旭川ミニぐるめ情報

ミニぐるめ君が食べて選んだ感動の味口コミ情報。 北北海道こだわりの美味しいお店が満載です。 今や大きな影響力をもつミニぐるめ君が ランチにディナーにおすすめのお店をご紹介します。


Vol.829 独酌(どくしゃく) 三四郎


旬の食材を使った日替わりの小鉢料理が並ぶ“おかみ旬の盆”。ヘルシーで栄養バランスも良く、客の健康を気遣った女将の優しさがあふれている。


女将の愛情溢れる手作り9品、四季の味

おかみ旬の盆

 

使い込んだ食器棚や焼き台、無垢材のカウンターテーブルなど、昭和初期にタイムスリップしたような風情が店内の隅々に染み込む、昭和21年創業の「独酌(どくしゃく)三四郎」。
焼き場に立つ青池聡(さとる)さんは、平成29年に亡くなられた西岡奛(あきら)店主の義理の息子だ。茨城の大手電機メーカーに勤めていたが、店主の意志を継ぐために退職して旭川に移り住み、夫人と共に「独酌三四郎」ののれんを守り続けることを決めたのだという。

 

お薦めは日替わりの小鉢料理が並ぶ“おかみ旬の盆(1,760円)”。その日は鮮度のいい刺身をはじめ、ホックリと炊かれたカボチャの煮物、ひじきの煮物、もずく酢、ポテトサラダなど、野菜や海草も織り交ぜた滋味に富んだ料理が揃っていた。どこか懐かしく優しい味わいで、一箸ごとにふるさとに帰ったような優しさに心が包まれてゆく。

 

甘辛いタレでいただく“新子焼き”

 

看板メニューの“新子焼き(1,045円)”も実にうまい。冷凍していない新鮮な伊達産の若鶏もも肉を炭で炙っているため驚くほどみずみずしく、代々受け継がれてきた少し辛めのタレは日本酒にもよく合う。噛むとカリカリと音を立てる香ばしい皮は、開店前に強火の炭で表面を荒焼きすることで生まれる「独酌三四郎」ならではの魅力だ。1日40食程注文を受ける人気メニューで、テレビドラマ「孤独のグルメ」の影響もあり、海外から食べに来る観光客も少なくないという。

 

焼き場に立つ料理人は代わっても、料理をおいしく提供するこだわりは代わることなくしっかりと引き継がれている。

 

昭和を感じさせる味わいある店舗

 

 

独酌 三四郎

旭川市2条通5丁目左7

TEL.0166-22-6751

【時間】17:00~22:30 (L.O.22:00)
【定休日】日曜日・祝日・年末・年始
●56席●小上がり有●禁煙

 

 


ミニぐるめ君のつぶやき

畑違いの業種にいたにも関わらず、旭川の宝とも言える超人気店の焼き場に立つことを決断した青池さん。その覚悟や焼き場に立つ真摯な姿勢、物静かな語り口、女将を立てる謙虚さに、「独酌三四郎」の未来を感じた。

【ミニぐるめ君ブログ】

https://ameblo.jp/ipponmatu-umare

 

※掲載情報は、取材当時のものです。閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、予めご了承ください。


GOURMET