LIFE

【特集】


年末大掃除特集!!キッチンリセット術


 

小まめにしておけば“中”掃除くらいで済むのに、ついつい後回しに。
その結果、気が重~い年末の大掃除、という人いませんか?
今回はななかまど編集長・みずを家のキッチンをモデルに、
整理収納アドバイザーとしても活躍する「しあわせごはん」のくぼたかおり先生が
掃除の手順と収納のコツをご紹介します。

 

 

 

 


 

 

 

* お掃除の手順 *

〜 キッチンまわり お掃除編 〜

 

水・重曹・片栗粉を混ぜて作った洗剤をハケでレンジフードのフィルターなどに塗り、しばらく置く。固まったら、レンジフードのフィルターなど網状のものはお湯で洗い流す。壁の汚れはキッチンスクレーパーでこそぎ落とす。

 ココがポイント!

洗剤は、水200mlに対して重曹(5g)と片栗粉(10g)を混ぜる。加熱し、とろみが出て色が透明になったら火を止め、熱いうちに塗る。魚焼きグリルや目の細かい網などは特に有効。

 

 

中性洗剤をスポンジで泡立て、IHクッキングヒーターをはじめ、キッチン全面、さらにレンジフードのスイッチ回りも磨くようにこする。お湯で洗い落とせない場所はキッチンペーパーを使って拭き取っていく。

 ココがポイント! 

いきなりこすり洗いをすると、油が伸びて広がってしまうので、まずは①の工程をしてから②に移る

 

 

排水口に重曹(適量)を振りかけた後、クエン酸(適量)を振りかける。水を加えると泡立つので、しばらく置いてから水で流す。排水口のニオイやぬめり取りに効果がある。

 

 

油汚れが落ちたら、ステンレスの部分をクレンザーで洗剤同様にこすり洗う。お湯で洗い落としたらアルカリ電解水を吹きかけて仕上げの洗い。水分を拭き取ったら、水回り用の撥水スプレーを吹きかけて塗り伸ばす。防汚効果もあるのでキレイが長持ちする。

 


 

〜 キッチンまわり 収納編 〜

 

収納されている調味料等を全て取り出し、容器に付着した油汚れはキレイに拭き取る。収納ラックはまるごと洗い、キレイになったら元の位置に戻す。

 ココがポイント! 

ここで調味料類の賞味期限を確認する。古いものや使わないものは思いきって処分すると◎

 

 

バスケットの中には袋入り調味料を、メールボックスの中には調理道具を収納していく。液体洗剤はポンプボトルに詰め替える。シンクにはスポンジホルダーを取り付け、三角コーナーの代わりに水切りゴミ袋を置く。

 ココがポイント! 

容器は種類や色など、同じものでそろえると統一感が出る。

 

 

 

 


 

【 監修 くぼたかおり 】

整理収納アドバイザー 準一級

部屋のインテリアを白で統一し、シンプルかつ見せない収納を心掛けている。
お掃除が趣味で、同じ箇所を朝夜2回することも。
一方で、北海道初の「お弁当学マスター認定講師」として活躍し、キャラベニストとしての顔も併せ持つ。
キャラ弁などを投稿しているインスタグラム(@kaopan27)はフォロワー数5万人を超える。
本誌にて「しあわせごはん」を連載中。

 

 Instagramで紹介中! 

https://www.instagram.com/kaopan207/?hl=ja

ワークショップなどの
仕事のご依頼はDMまで!@kaopan207
※お掃除の請負いは一切受け付けておりません

 

 

 

 

 

※掲載情報は、取材当時のものです。閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、予めご了承ください。


LIFE