LIFE

サラリーマンのつぶやき 39言目


2月といえば14日のバレンタインデー。
今は義理チョコだけでなく、女性から女性への“友チョコ”や、男性から女性への“逆チョコ”などさまざまなバレンタインの形もあるとか・・・。

この時期になるとソワソワと落ち着かなくなる人もいらっしゃるのではないでしょうか。
義理チョコ。もらったらお返しに苦慮しませんか?
3月14日のホワイトデーの前は、お菓子売り場には普段見ない男性が多数出没。一緒に来てもらった奥さんにお返しのプレゼントを選んでもらっている光景は、メーカーやお店は『ニヤリ』だよなぁと思ってしまいます。一部の学校では禁止している所もあるとか。

本来甘いチョコですが、苦い経験があります。もう40年以上前の小学6年生の時の思い出です。

私のランドセルの下にかわいらしい紙に包まれたチョコが置いてあることに放課後、気づきました。一緒にいた男友達に見つかり、からかわれました。初めてもらったチョコだったのでうれしかったのですが、恥ずかしさのあまり、私はその場でチョコを友達と分けて食べてしまいました。
周りの女子にひどく怒られました。でも誰がそのチョコをくれたのか分かりませんでした。

それから40歳を過ぎたころ、小学6年生のクラス会に参加した際、チョコをくれた当人が判明しました。当時のことを教えてくれました。約30年ぶりに再会した女性は、とても素敵な女性になっていました。あの時チョコを友達に配って食べてしまった私を見て、一気に嫌いになったそうです・・・。

頭の中が混乱して思わず『せめて名前を書いていてくれていたら良かったのに』と言い訳をしましたが、その後は互いにニッコリ。近況報告で盛り上がりました。

 

※掲載情報は、取材当時のものです。閲覧時点で情報が異なる場合がありますので、予めご了承ください。


LIFE